PLATINA LYLIC 

試聴する

シスター

この曲の表示回数 351,618
歌手:


作詞:

新藤晴一


作曲:

ak.homma


東の海に舟を浮かべて誰より早く朝を迎えに
風が便りを運ぶと言うなら 僕に宛てた風は吹いていない

あなたのために祈る事なら今の僕にも許されるでしょう
流れ流れて漂う先で懐かしい日々を思い出してる

悲しみが友の様に語りかけてくる
永遠に寄りそって僕らは生きていく

数えきれない人の涙で夜明け前の海は今日も蒼い

あなたの欠けた世界は今や無秩序にただ組み立てられて
ギリリギリリと軋みながらもそれでもまた再び動きだす

この季節咲き誇る白い花を摘んで
波の間にあずけようあなたに届けばいい

いつもの様に赤い日傘を差したあなたが拾ってくれたら

鐘の音が岬を臨む教会から響く
美しいシスターの祈りを乗せ人の心にも
時間の移りを優しく告げていく

悲しみが友の様に語りかけてくる
永遠に寄りそって僕らは生きていく

西の海まで舟は流れてたそがれと一緒に沈めばいい
明日になったら会えるのかな
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:シスター 歌手:ポルノグラフィティ

ポルノグラフィティの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-09-08
商品番号:SECL-328
SME Records

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP