試聴する

笑ったままで

この曲の表示回数 22,213
歌手:


作詞:

Goose house


作曲:

Goose house


「出会った頃の 私たちは 溢れる想い ことばにしてたね」
4月の夜 歩道橋の上で 君がぽつりと雨のようにつぶやいた

手をつなぐことも減った 記念日も少なくなった
2人の間 よどんだ空白と ごめんねが増えてた

春風が君のこと 彼方へさらっていく
いつも隣にいる気がして
平気な気になって 寂しさのサイン 気づけない僕だった

笑ったままで そばにいて 言いそびれたことば かき集めて
花束にして届けよう ただ君を 失いたくないんだよ

涙もろい瞳も 鼻にかかる声も
君のすべてが 好きなのに
時の流れの中 それを見失い 傷つけた僕だった

出会った頃と 変わらない 溢れる想いを かき集めて
花束にして届けよう もう君を ひとりきりにしないから

笑ったままで そばにいて 言いそびれたことば かき集めて
花束にして届けよう ただ君を 失いたくないんだよ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:笑ったままで 歌手:Goose house

Goose houseの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-02-25
商品番号:SRCL-8752
SMR

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP