東京エトランゼ

この曲の表示回数 12,174
歌手:


作詞:

田久保真見


作曲:

徳久広司


失くして悲しい ものなんて
持たずに 生きたいの
それが楽だから

陽だまりの中で
見えない嵐に
おびえてしまう 女だから

ごめんなさい エトランゼね
抱きしめられても 心が逃げる
夢の中を風の中を さすらうだけよ

あなたは優しい ひとだけど
いつしか ぬくもりを
疑いはじめる

生まれたときから
人は孤独なの
泣いて叫んで 愛をねだる

ごめんなさい エトランゼね
帰る場所なんて 何処にもないの
しあわせなど永遠など まぼろしだから

ごめんなさい エトランゼね
抱きしめられても 心が逃げる
夢の中を風の中を さすらうだけよ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:東京エトランゼ 歌手:ハン・ジナ

ハン・ジナの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-11-05
商品番号:CRCN-1828
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP