赤いブランコ

この曲の表示回数 17,040
歌手:

PUFFY


作詞:

PUFFY


作曲:

Andy Stumer


赤いブランコふたり乗り 漕げば大人になってくようで
あの山もあの頃のまま ただそばにいないだけ

朝が日々を照らして 忙しく暮らしていても
待ち過ぎて ずっと 待ち過ぎて
帰ろうよ あの日の場所で会いたい

小さな頃に描いてた 夢の続きはもう見ない
いつもふたりは笑ってた 忘れることがただ怖い

声も 言葉ひとつも 約束も 胸の痛みも
軽々と抱き上げる手も 見下ろした小さな町も

朝が日々を照らして 忙しいフリしていても
幾つもの時を越えても 寝ころんだ小さな部屋も
手触りも 好きだった花も 突然の白い子犬も
泣きぬれた夜 もう何度も この先もずっとずっと先も
会いたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:赤いブランコ 歌手:PUFFY

PUFFYの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-02-14
商品番号:KSCL-1099
KRE

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP