試聴する

unsung

この曲の表示回数 7,313
歌手:


作詞:

飯田瑞規


作曲:

cinema staff


微かな音を立てて 病室の窓を四月の風が叩いた
歳を重ねては 譲れない事や 手離せなくなる事もあるでしょうと

屋上から破り捨てたカルテは 今もまだ宙を舞っている

朝がやってくる前に 書き換えてしまいたいな
白衣を着た彼らも 嘆いてばかりはいられない
君がもう何一つ 恐れずにいられるように

冷たい指先で秒針に触れる 少しずつ戻していく
我が子を持てば 残したいものや 聞かせてあげたい歌があるのだと

膝を抱えて 季節は変わっても また此処で始めよう

確かに君は誰かに愛されているよ
痛みだけを取り除こうか

朝がやってくる前に 書き換えてしまいたいな
白衣を着た彼らも 嘆いてばかりはいられない
君がもう何一つ 恐れずにいられるように
大丈夫だよ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:unsung 歌手:cinema staff

cinema staffの新着情報

  • 熱源 / ♪いつかどこかでそのうち
  • pulse / ♪そう壊した積み上げた予防線
  • souvenir / ♪長い通りを抜け四つ角を左へ
  • メーヴェの帰還 / ♪少女は言うほら間違えた
  • 波動 / ♪夢の中あなたの声

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-04-02
商品番号:PCCA-4009
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP