試聴する

新世界

この曲の表示回数 19,109
歌手:


作詞:

大木伸夫


作曲:

ACIDMAN


世界の始まりは 静かな柔らかな一つの音だった
僕らはその音の果てに生まれ

朝露にぬれたアカシアは 獣達と夢を分かち合った
詩人はその夢を追い求めて行く

遠くへ 遠くへ

果てしなく流れて
最後の息だけ
哀しみの果てから
その時が来る

陽は高く昇り 世界を照らした
輝きを増して あの空が開く

今日、世界は生まれ変わる

風の中で立つ
全ての孤独と儚さを抱いて
声を掲げる

今日、世界は生まれ変わる

僕らは太陽を裏切った 君は一つの音を鳴らした
涙の落ちる音によく似ていた

ただ時は流れ ただ静けさだけ
立ち竦むのなら 世界はそれだけ

風 音 光 だけ そこにはそれだけ

果てしなく流れて
最後の息だけ
哀しみの果てから
その時が来る

陽は高く昇り 世界を照らした
そこから見えるか? 今、空が開く

今日、世界は生まれ変わる

忘れないよ 僕ら ここで息をしていた
肺に刺さるまで 深く息をした

今日、世界は生まれ変わる
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:新世界 歌手:ACIDMAN

ACIDMANの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-12-19
商品番号:TOCT-45059
ユニバーサルミュージック

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP