シガードッグ

この曲の表示回数 83,463
歌手:

10-FEET


作詞:

TAKUMA


作曲:

TAKUMA


目を覚まして木漏れ日に目を細めた 旅の途中の猫はまた歩き始めた
僕はいつかまたあの丘で会いたくて 会いたくて
雨の中 霧の中で あなたといつかまた

僕はこの街の笑い声やウミネコの声も
たくさんの思い出の中 タバコ屋の犬を思い出してみたんだ
夜と同じ数の夜明けがあるんだと犬は吠えたてた
乾いた鼻の天気予報 明日は晴れるんだってさ

遠い記憶の安らぎも淋しさも 浅い眠りの中で夢に重ねていた
僕はいつかまたあの丘で会いたくて
眠りの中 夢の中で あなたといつかまた

ありふれた願いや悲しみは今日も世界に溢れて
君は今ここにいないけれど 僕は少しだけ旅続けてみたんだ
時は止まらなくて 君は優しくて 僕はここにいて
夜風に吹かれてまどろみの中 君の真似をしてみた

少しだけ あと少しだけ 歩いたら帰ろうかな
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:シガードッグ 歌手:10-FEET

10-FEETの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2012-09-19
商品番号:UPCH-20283
NAYUTAWAVE RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP