水鏡

この曲の表示回数 89,983
歌手:

Cocco


作詞:

こっこ


作曲:

こっこ


瑠璃色の波を巻いて
生々しいぬくもりは
静かに 呼び合い
面影は 夕立ちのように

汚れないのは 届かないから
犯した日々まで 美しいだけで

あなたの歌が
きこえないように 耳をふさいだ
あなたの指が しみついたままで
上手に歩けるはずもないのに
わたしは何処へ?

笑ってと あなたは言う
赤い靴で踊ってと 囁く
それでも 紫陽花は死んでしまった

疼きだすのは 健気な肌で
傷んでいくのは 懐かしい景色

あなたの歌が
きこえないように 耳をふさいだ
あなたの指が しみついたままで
上手に歩けるはずもないのに
わたしは何処へ?

あなたの歌が
きこえないように 耳をふさいだ
あなたの指が しみついたままで遠くへ
からまる舌を
切り落としたのは あなたじゃなくて
もつれた腕に 爪を立てたのは
今さら 水面に歪む影

さぁ わたしは何処へ?
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:水鏡 歌手:Cocco

Coccoの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-04-26
商品番号:VICL-35127
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP