SPLEEN~六月の風にゆれて~

この曲の表示回数 12,171
歌手:

沢田研二


作詞:

コシミハル


作曲:

小林考至


君をみつけたのは
そうさ 僕の方
黒い瞳には 春が映ってた

小鳥のような声で笑い
気ままな娘を気取ったね

そして二人は
優しい風の中
淡い夢と接吻(くちづけ)ばかりの
とても急いで
咲く花びらのように
二人の上に
太陽がくるおしく降りそそぐ

甘やかな日々が
永遠(とわ)に過ぎ去って
想い出の中に
深い雪が降る

僕のコートにくるまって
頬寄せた遠い街角

君はいつも
幸福(しあわせ)をためらい
哀しみ隠し
未来に目を伏せた
いつの日か君を
きっとさらいに行くよ
悪い僕の手紙が
溶けてゆく 炎に

“愛しているの”
今も聞こえてくる
君の素直な透き通る涙が

僕はこんなに大人になって
初めて恋をしたのに
今では何もかも 失くした
失くした 失くした
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:SPLEEN~六月の風にゆれて~ 歌手:沢田研二

沢田研二の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-01-16
商品番号:COLO-9110
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP