風花-The whisper of snow falling-

この曲の表示回数 19,080

降り積む 風花を
肩を並べ 眺めてる
手を伸ばせば 届く距離を
もどかしく思う

視線が重なる度感じる
この胸騒ぎは何だろう
俯いて言葉 飲み込んでは
素直になれずにまた
悴む手握りしめた

こんな気持ち初めて知ったんだ
あなたと出逢った日から
どうしてだろう
目を逸らせば逸らす程に
あなたしか 見えなくなる

このまま何時までも
ひとりきりの様な気がしてた
そんな僕に 優しく何度も
笑いかけてくれた

時代も景色も何もかもが
全て移り変わりゆくけど
同じ季節に逢えた奇跡は
久遠(くおん)の夜を越えても
消せないと信じてる

雪の様に穢れ無い眼差しで
あなたを見つめてたい
この想いを
白い風花に乗せよう
あなたへと 繋がるように

運命は何時の日も
無情にやってきて
穏やかな日々もいずれ消えゆく
二度と逢えない この瞬間に
差し出した手を重ねて
今、伝えたくて…

「あなたが…微笑む度
世界が光で溢れていく
何処にいてもその笑顔が曇らぬように
隣にいさせて」

こんな気持ち初めて知ったんだ
誰かを想う幸福(しあわせ)
永久に紡ぐ想いを風花に乗せて
あなたまで 届けるから
「変わらないでいて…」
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:風花-The whisper of snow falling- 歌手:黒崎真音

黒崎真音の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-08-10
商品番号:GNCA-1305
ジェネオン・ユニバーサル

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP