YOUNG BLUE

この曲の表示回数 7,554
歌手:

黒猫チェルシー


作詞:

宮田岳


作曲:

宮田岳


朝方ねむたい目を起こして 夕べの窓から街へでるよ
僕らは若くて悲しくって 愛想なしではいられない

街の色がぼやけだして まるで写真だよ、いい感じさ
だけど夢をみてるよう 記憶ないや
歌をうたって あの日みた
覚えてる?

腐るまでいたかった できもしない
YOUNG BLUE

緑色の寝巻姿 彼女の姿とらえきれない
夢心地で あほみたいな
スローモーション 時はすぎた
もういいや

結末はあっけない ふりむく笑う忘れない
とろけた頭こぼれてしみついた

やり場のない悲しみよ ふりむく笑う僕たちは
楽しいふりをしてただけなのさ

腐るまでいたかった できもしない
YOUNG BLUE YOUNG BLUE
覚えてる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:YOUNG BLUE 歌手:黒猫チェルシー

黒猫チェルシーの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-05-25
商品番号:AICL-2249
SMAR

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP