試聴する

Beehive

この曲の表示回数 4,490
歌手:

米倉千尋


作詞:

山中さわお


作曲:

山中さわお


世界中の窓から笑い声がこぼれて
一人手ブラで帰り道を探してる
誰かの優しい歌両手で払いのけて
季節はずれの通り雨は何かうれしくて

どうしてねえ こっち見てるの
心はまるで無人島から

恐がって疑って
でもちょっと覗いてたんだ
目が合って手を振って
今信じてみたくなったんだ

世界中の窓から同じ月が見える
陽の光を信じながら輝いてる
夢のはじける音はクラクションに消されて
騒がしいこの星は回る みんな連れて

遠くでホラ 声が聞こえる
呼んでるキミの心の声に

気がついて気になって
うれしくて泣きそうだ
会いたくて知りたくて
走り出したんだよ

生まれた日のその輝きを
知ってるキミの心の鍵を

受け取って間に合って
眩しくてはしゃいでるんだ
意味なんて知らなくて
けど出会えたんだよ

恐がって疑って
でもずっと待ってたんだ
近づいて重なって
今信じてみたくなったんだ

世界中の窓から笑い声がこぼれて
二人で帰り道を帰る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Beehive 歌手:米倉千尋

米倉千尋の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-02-11
商品番号:KICS-1058
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP