レンズ越しの宇宙の下で

この曲の表示回数 3,994
歌手:

米倉千尋


作詞:

米倉千尋


作曲:

米倉千尋


レンズ越し見上げていた はるか遠い輝きを
小さな手 伸ばせばほら どんな星だって掴める気がした

いつかママ 話してくれた言葉 今わかりはじめたこと

いちばん大切なものが 地球にはある
空と海に抱かれた 母なる大地(モ・ノーラー)
一人一つずつ「生命」という星を
みんな持って生まれてきたんだ

夕暮れの一番星 ずっとずっと見ていたい
オレンジに染まった背中 照れたその笑顔―好きになってよかった―

いつかママ 話してくれた言葉 今わかりはじめたこと

いちばん大切な人が 地球にはいる
愛と夢に抱かれた 母なる大地(モ・ノーラー)
そして新しい「生命」という星が
この地球には産まれ生きてくんだ

いちばん大切なものが 地球にはある
空と海に抱かれた 母なる大地(モ・ノーラー)

いちばん大切なものが 地球にはある
空と海に抱かれた 母なる大地(モ・ノーラー)
一人一つずつ「生命」という星を
みんな持って生まれてきたんだ

レンズ越しの宇宙(そら)の下で
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:レンズ越しの宇宙の下で 歌手:米倉千尋

米倉千尋の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-03-13
商品番号:KICS-937
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP