Sonar Pocket

あなたが居るから、開いたつぼみがいつかは咲き誇ると信じてる。

 今年デビュー10周年を迎えた“Sonar Pocket”が、2018年10月10日にニューアルバム『flower』をリリース。今日のうたコラムでは今作から新曲「つぼみ」をご紹介いたします。この歌は“愛知・豊田ラグビー応援ソング”として制作されました。尚、彼らは2019年に開催されるラグビーワールドカップを地元・愛知から盛り上げていく特別サポーター!

負けるなと叫んだ
明日は何かが変わるそんな夢を見た

負けるなと叫んだ
どこまでも我武者羅な毎日に夢を見た
明日は何かが
変わる気がしてる何の根拠もないのにね
「つぼみ」/Sonar Pocket

 誰かを応援しているときって、こちらがパワーを送っているようで、実は逆にパワーをもらっていることのほうが多いんですよね。ラグビーを観ているときも然り。だから<明日は何かが変わる>と信じて<どこまでも我武者羅>に戦っている選手たちの姿を目の当たりにすると、同時に“自分もそんな生き方をしたい”という感情が生まれるのです。

 そして<負けるなと叫んだ>その声は、自分自身の人生にも響き渡るのでしょう。今はまだ“自分もそんな生き方をしたい”という勢いしかなくて、なんとなく自分も<明日は何かが 変わる気がしてる>だけかもしれません。でも誰かを応援することで得たパワーによって、今日ここから<根拠>になるものを築き上げてゆくのではないでしょうか。

目指す場所へトライ
高まる期待 心技体
極め信じたい
新時代なんて自分次第
近未来だって自由自在
「これぐらいで良い。」それじゃ変われない
「どれぐらいで良い?」なんて正解無し
やれるだけやってみてダメならダメ
失敗は成功のもとだから
「つぼみ」/Sonar Pocket

 続く歌詞では、その<根拠>になるものが描かれてゆきます。たとえば、何度でも<目指す場所へトライ>する根性。ちなみに<トライ>とは、ラグビーの得点方法のひとつでもあるそう。ボールを相手のインゴール内の地面につけて成立する、最終目的なんだとか。そんな攻撃を成立させるためには、やはり<心技体>を極める努力が欠かせません。

 さらに、努力や結果に対して「これぐらいで良い。」なんて妥協はなし。他人に「どれぐらいで良い?」なんて頼っても仕方ない。全力で<やれるだけやってみて>、ダメならダメで<失敗は成功のもと>と言えるくらい己の想像力を働かせてまた進化する。そういう日々の積み重ねこそが“自信”の<根拠>になるのだと、この歌は教えてくれているのです。

情けないくらいに熱いと書いて「情熱」
自分の捉え方はきっとずっとこうです
少しでも年をとらないと書いて「少年」
そんな大人になってあの日と生きていこうぜ
「つぼみ」/Sonar Pocket

 また、経験を重ねれば、自然と“知恵”や“技術”は磨かれてゆくもの。しかし、大人になるといつのまにか無くしてしまいがちなのが「情熱」と「少年」の心。実力アップではなく“パワーアップ”のために必要なものです。だからこそ<情けないくらいに熱い>感覚を常に“原点”として忘れずに、夢に対する想いは<少しでも年をとらない>で生きていこうという“意志”を持つことが、いっそう自分を強くするのでしょう。

負けるなと叫んだ
噛み締めた我武者羅な毎日に夢を見た
明日は何かが
変わる気がしてる決して諦めない限り

あなたが居るから
開いたつぼみが
いつかは咲き誇ると信じてる
希望の花
「つぼみ」/Sonar Pocket

 歌の終盤。<負けるな>と叫ぶその声は、ますますボリュームを増して、自信の魂に響いているような気がしますね!見つめる先では<あなた>という<希望の花>が夢の舞台で咲き誇っております。その姿が“まだ「つぼみ」である自分もいつか…”と信じさせてくれる。そんな希望の連鎖を描いているのが、Sonar Pocketの「つぼみ」という楽曲です。今<明日は何かが変わる>と信じながら何かに挑戦しているあなたに、この歌が届きますように…!

◆紹介曲「つぼみ」
作詞:Sonar Pocket
作曲:Sonar Pocket・NAOKI-T

◆ニューアルバム『flower』
2018年10月10日発売
通常盤 WPCL-12957 ¥2,800(税込)
初回限定盤A WPZL-31532 ¥4,500(税込)
初回限定盤B WPZL-31534 ¥4,500(税込)
初回限定盤C WPCL-12958 ¥4,500(税込)
初回限定盤D WPCL-12959 ¥3,900(税込)

<収録曲>
M-1 Phoenix
M-2 やばば 
M-3 108~永遠~
M-4 baby baby
M-5 君の名前
M-6 Be Alright
M-7 青
M-8 顔晴れ
M-9 涙雪
M-10 一生一瞬
M-11 恋運命
M-12 つぼみ
M-13 flower
ko-daiは「つぼみ」について「実際にラグビーの試合を何度も見て気持ちを込めて制作しました、選手やサポーターの皆さんが心を一つにできるような楽曲になれれば」とコメント!
このトピックをシェアする
  • LINEで送る