上野優華

「あなた」を、聴いた人が見つけられる歌を歌うのが私なんだ。

 2021年3月17日に“上野優華”がデジタルシングル「愛しい人、赤い糸」を配信リリース!「魔法の絨毯」が大バズり中のシンガーソングライター“川崎鷹也”が初の楽曲提供。愛する事の大切さと運命の赤い糸を信じる切ない恋模様を描いた珠玉の片思いソングとなっております。「好きな人」(奥華子 提供曲)や「あなたの彼女じゃないんだね」(wacci橋口洋平 提供曲)など、失恋・片思い系バラード曲に定評のある上野優華とは黄金のタッグと言える1曲です!
 
 さて、今日のうたコラムではそんな“上野優華”による歌詞エッセイをお届け!今回はその後編です。前編に綴っていただいたのは、新曲「愛しい人、赤い糸」に通ずる想い。そして後編では、彼女が歌を歌い続ける理由、歌に対する想いを明かしてくださいました。是非、歌詞と併せて受け取ってください…!

~歌詞エッセイ後編:「愛しい人、赤い糸」~

ただ聞いてほしい。
ただ頷いてほしい。
ただそばにいてほしい。
そんな願いを叶えてくれるのが
あなたであってほしいと思うのはワガママでしょうか?

人と人はどこまで行っても分かり合えない。
別々に生まれて別々に育ってきたのだから
考え方も価値観もそもそも合うなんてことはない。

そう思っています。

どれだけ同じ時を過ごしても
その隙間を埋めることは出来ても
隙間を無くすことは出来ない。

どんな人も少しは考えるはずです。
「私はこの人にどう思われているだろうか」

それが手離したくない恋人であるほど
意識してしまうもの。

だから悩み相談って
自分の評価を気にしなくてもいい、
遠くにいる顔も知らない誰かにしたくなるんだろう。

私が歌う歌は
そんな人のそばに寄り添えますようにと
願いを込めて作っています。

でも冒頭にある
それがあなたであってほしいという
「あなた」になれることはこの先もきっとない。

だからその「あなた」を、
聴いた人が見つけられる歌を歌うのが私なんだと
それが私のやりたい、歌いたい事なんだと
感じることが増えました。

一緒に笑って一緒に泣いて
同じ時間を過ごす相手は誰でもいい訳じゃない。
代わりがいない存在なんです。

ただそれが叶わなかったり
報われなかったりすることもあるよね。

悩んで悩んで悩みぬいて
答えが出ないから、
ただ話を聞いてほしいだけなのにね。

すぐ解決に結びつけようとか
「それってさ」みたいに論破されそうになったり。

違うよ。
そんな解決法なんてとっくに通り過ぎてるんだよ。
どうしようもないとか、自分が悪いとか
分かった上で話聞いてって思っただけなのになって。

悲しみや怒りを覚える事があるよね。

親身になってほしいわけじゃない。
受け皿になってほしい時だってある。

その役割を私が出来たらな。

なんでも言える関係が恋人だ
なんて考え方は私には出来ないし
一生可愛くて癒し効果のある彼女でいたい。

そんな人達の願いを叶えてあげられる歌を
これからも歌っていきたい。

このコラムを書かせていただくにあたって
自分の恋愛観や歌に対しての思いを
赤裸々に綴ることが
果たしていい事なのか分からなかったけれど

誰かにとってなにかプラスになっていたり
私が歌う曲たちにまた一つ
意味を持たせられたんじゃないかと思います。

ただこれも私の思いを、考え方を
受け止めてほしいという一つのワガママです。

また皆さんにこういうお話ができる日を
楽しみにしています。

<上野優華>

◆紹介曲「愛しい人、赤い糸
作詞:川崎鷹也
作曲:川崎鷹也
このトピックをシェアする
  • LINEで送る