Plot Scraps

真実とは他人に与えられる物ではなく、自分で到達する物。

 2020年5月20日に3ピースロックバンド“Plot Scraps”が3rdミニアルバム『INVOKE』をリリースしました。今作には、疾走感溢れる「一等星」やすでにライブで披露されている名バラード「pinky」、エモーショナルなロックアンセム「Teardrop」などバリエーション豊かな全6曲が収録。是非、歌詞と併せて彼らの最新作をご堪能ください…!
 
 さて、今日のうたコラムではそんな最新作を放った“Plot Scraps”の陶山良太((Vo.&Gt.)による歌詞エッセイを第1弾~第3弾でお届けいたします!3回を通じて綴っていただくのは「自分と歌詞」のお話。第1弾第2弾に続く最終回で綴っていただいたのは、今回のコラムのまとめとなる想いです。彼にとっての「自分と歌詞の関係・向き合い方」、そしてみなさんにとっての「自分と歌詞の関係・向き合い方」とは…。

~歌詞エッセイ最終回~

「自分と歌詞」について綴ってきたこのコラムも今回で最終回となります。前回前々回を読んで貰うと、もしかしたら、こう思う人もいるかと思います。「オーダーメイド」を経て得た技法や「Teardrop」の歌詞の本質とは?と言った部分が全く解説されてないじゃないか、と。

そういう方達にわかってもらいたい事は、まずそのどちらも勿論、細部まで説明することは可能だという事です。それも圧倒的な文章量と共に。しかしどちらも、その人達に本当の意味で理解して貰う事はできないと思います。何故なら、真の理解というものに重要なのは“思考の過程”を経る事だからです。

あるトピックの最終地点を知った所で、それはその人にとってまだトピックに過ぎません。思考の過程で得る知識や、点が線になる感覚、そもそもの基礎教養がない状態では「真に理解している者」ではなく、ただの「情報を知っている人」になってしまうのです。

「~の~は、~が~になってるから凄いんだ!」と何かの作品のディティールを語る人を頭の中で、「へっ、そんなもんかねぇ…」と訝しげに感じたり「どこに感動してんだか…」と揶揄した事はありませんか? もしあった場合、それはあなた自身でロジカルに思考するプロセスを経ていないから、脳が感動するというラインに及べていないのです。

つまり「真実とは他人に与えられる物ではなく、自分で到達する物」と言う事です。

例えば、藤原基央さん・野田洋次郎さんに直接作詞を教われるような、チートなバンドマンがいたとして、詳細に作詞の描写や表現技法を伝授された所で「理解」の本質を考えない者では何も理解することができないでしょう。

それは「理解」ではなく「情報」に過ぎないから。その技法を教われば、そのバンドマンは同じクオリティの歌詞が書けますか? と言う事です。分かりにくい例えかもしれませんが(笑)。

ちょっと飛躍した話になりますが、日本人には自分の頭で考えると言う基礎概念が全く定着していません。それは何故か? という所は余りにも深淵な話になるので全部は書けませんが、その責任は勿論本人にもあるものの、50%は外的要因と言っていいです。なので自分で思索できないとしても、必ずしもその人だけのせいではないので安心して下さい。

でも半分は自分のせいなのも事実です。もしそこから抜け出したいと思うなら、まずはあらゆる事を疑うことから初めてみて下さい。何を疑ってもいいです。「雲ってなんで浮かんでるのかな?」とかだっていいです。

あなたは何故雲が浮かんでいるか知っていますか? 何故青空が青いか知っていますか? 原子より小さい物質を知っていますか? 重力の正体を知っていますか? 光とは何ですか?

何かに疑問を抱き、それを自分の頭で考えることができなければ、いつまで経っても誰かを理解する事はできないし、誰にも理解されません。

一番最初の疑問、解説しない理由について答えると、考えられる人にとってはアートの理解への阻害行為になってしまうし、考えられない人にとってはそもそも説明する意味がない、という事になります。生きる上で必要最低限の重要な事、そんな肝心なことを教えてくれる大人は世の中にいません。

でも、僕がマネージャーさんにきっかけを貰った様に、変化する上で鍵となる考えは無数に散らばっています。このコラムが迷える人達にとって同じ物になりますようにと、願っています。我、世界の中心にあり、という気概で色々なアートに触れて欲しいです。音楽も絵も映像も、全て同じ事です。

「自分と歌詞」について色々と書いてきましたが、この回に一番重要な事を書きました(笑)。三回とも、関係ない様に見えて全て歌詞に関係することを書いたつもりです。

僕が誰かの歌詞に救われた様に、自分の歌詞で誰かが救われてくれたら嬉しいです。そんな歌詞を書ける人が、いつまでも僕にとっての憧れなので。

Plot Scrapsの3rd Mini Album『INVOKE』は好評発売中です、ぜひ聞いて下さいね!

<陶山良太>

◆ニューミニアルバム『INVOKE』
2020年5月20日発売
NBPC-0079 ¥1,500(税別)

<収録曲>
1.一等星
2.Teardrop
3.CHOCOLATE PUNK
4.OZ
5.pinky
6.オーダーメイド
このトピックをシェアする
  • LINEで送る