みきなつみ

恋愛が絡んだ途端、男女って本当にめんどくさい。でも…。

 埼玉出身のシンガーソングライター“みきなつみ”が、2020年3月18日に3rdデジタルシングル「君にだけバレて欲しいな」をリリースしました。タイトル曲は彼女史上もっともポップな楽曲であり、恋の駆け引きをしている女の子の心模様が描かれている1曲。そしてカップリングには、初の卒業ソング「青春のフィルター」が収録されております。
 
 さて、今日のうたコラムではそんな最新作を放った“みきなつみ”本人による歌詞エッセイを2週連続でお届けいたします。まず【前編】で綴っていただいたのは、タイトル曲「君にだけバレて欲しいな」にまつわるお話。友達を好きになったけれど、今の人間関係や環境を壊したくない…。めんどくさい恋愛に陥っているあなたに、この曲と記事が届きますように…!

~歌詞エッセイ【前編】「君にだけバレて欲しいな」~

お久しぶりです。また、こうやってエッセイを、書かせて頂けて心から嬉しいです。前回、自由に書きすぎたので次はないかな…と諦めかけていたところだったのですが、歌ネットさんと相思相愛だと(勝手に)確信を得てホッとしています。

ということで、今回ものびのびと自由に書いていくことにします! さいたま市のビヨンセ、みきなつみです。暇つぶしにでも読んでもらえたら嬉しいです。

さあ、今回は3月18日にリリースの3rdデジタルシングル「君にだけバレて欲しいな」について。

この曲は、友達を好きになってしまった時の恋心をとってもポップに歌った曲です。「周りの友達にバレたら面倒なことになるけど、好きな気持ちを伝えたい、、!だけど、本人にバレたら今の距離じゃいられなくなるかも、、、」と恋の駆け引きをしている主人公の唄です。

こういうシチュエーション経験されてる方、沢山いると思うのですが、、、(ちなみに私はあります。) 正直、友達を好きになった時って、周りにいる友達とのコミュニティを壊すんじゃないかなってそっちの不安の方が大きくて、好意を言い出せなかったり踏み出せなかったりしたんですよね。(私の場合はそうでした。)

例えば、暗黙のルールで社内恋愛禁止とか、バンド内恋愛禁止だったりするのって、その輪を乱してしまう可能性があるからだったりしますよね。

だから、当時JKだった私は「君にだけバレちゃうテレパシーとか使えたらいいのにな」とか思っちゃってました、、、自分かわいいな、、、。そんな事を思い出したながら書いた曲です。

恋愛が絡んだ途端、男女って本当にめんどくさい。でも、めんどくさい恋愛ってすごく良い恋愛してるなって思っちゃうんですよね。本当に愛しいと思ってると、めんどくさくなってしまうものだから。簡単に誘えないし、簡単に好きと言えないし、少しずつしか近づけない。

こんなめんどくさい自分が嫌だなと思っている人がいたらそれは逆で。本当に相手のことが好きな優しい人なんだなと思います。

いい恋愛してるのかも!きゃっ!
バラしちゃえ!またね!

<みきなつみ>

【後編に続く!】

◆紹介曲「君にだけバレて欲しいな
作詞:みきなつみ
作曲:大知正紘
このトピックをシェアする
  • LINEで送る