上野優華

あなたは優しい人です。私にも、そう、私以外にも。

 2020年3月18日に“上野優華”がニューミニアルバム『今夜あたしが泣いても』をリリース。今日のうたコラムでは、今作に収録される新曲「あなたの彼女じゃないんだね」をご紹介いたします。作詞作曲を手掛けたのは、wacci・橋口洋平。この歌は、すでに別れた<あなた>ともう一度だけ再会するところから幕を開けます…。

会って終わりにしたくて
待ち合わせた土曜の昼間

あんまり眠れなかったと
笑うあなた 私も同じ

落ち着いた髪の色も似合うねって
これでも落ちてきたんだよ でもありがとう
忘れなくちゃと 変わらなきゃと
無理矢理塗りつぶした心が剥がれてく
あなたの彼女じゃないんだね」/上野優華


 少し前、何らかの理由で別れることになった二人。おそらく電話やLINEで最後のやり取りをしたのでしょう。やがて主人公の<私>は<忘れなくちゃと 変わらなきゃと>自分に言い聞かせ、気分を切り替えるため<落ち着いた髪の色>に。でもそれでもどうしても<あなた>が心のなかにいる。それはちゃんと終止符を打ってないからかもしれない。

 そう考えた<私>は<会って終わりにしたくて>もう一度だけ<あなた>に会うことを決意したのです。その勇気が出るまでに<落ち着いた髪の色>が<落ちてきた>ぐらいの時間がかかったことがわかりますね。また、夜ではなくて<昼間>に待ち合わせていることにも、雰囲気に流されまいという意志が表れているのではないでしょうか。

 そして、再会した<あなた>はまず<あんまり眠れなかった>と素直な気持ちを明かします。ここで<私>は相手が自分と同じように今日を想い、緊張し、ドキドキしてくれていたことをどこか嬉しく思ったはず。さらに<落ち着いた髪の色も似合うね>と、まるで付き合っていた頃と同じように気づき、褒めてくれる。しかしそんな正直さや優しさが、今の<私>の心から“強がり”のメッキを剥がしてしまうんですよね。

抱きしめて キスをして
あの日みたく 離さないと笑ってよ
その手さえ繋げなくて
そうか私 こないだから
あなたの彼女じゃないんだね


 メッキが剥がれると、サビではずっと我慢していた本音が溢れ出します。抱きしめてほしい、キスしてほしい、もうずっと離さないでほしい。だけど現実は<その手さえ繋げなくて>思い知らされるのです。自分はこないだから<あなたの彼女じゃないんだね>、と。そのことを頭でわかっていても、心はずっと受け入れられていなかったのでしょう。

しなきゃいけない会話を
後回しで二軒目のカフェ

あなたは優しい人です
私にも そう 私以外にも


 こうして続く歌詞。すでに別れているのに、ちゃんと<私>が話を切り出せるまで<二軒目のカフェ>に付き合ってくれる<あなた>はやっぱり優しい。それは、ずっと一緒に過ごしてきたから十分知っています。でもそれが<私>に対する“愛情”からの優しさではなく、<私以外にも>注がれるものであることも、十分すぎるほど知っています。
 
 <あなたは優しい人です>。たとえもう愛情がなくても、優しくしてくれる人です。だからこそ<私>は、最初「さようなら」を直接会って伝えることを避けたのだと思います。会って、その優しさに触れたら、離れられなくなってしまうから。優しさにすがって、もう一度やり直したくなってしまうから。やり直せそうな気がしてしまうから。

好きなまま さようなら
あの日みたく もうやり直せはしないね
呟いた ありがとう ねえ
私の彼氏でいてくれて

抱きしめて キスをした
あの日見てた 未来じゃなくてごめんね
改札を抜けたらもう
振り返らない あなたもそこにはいないで

好きなまま さようなら
これで最後 窓を滑る青空
もういいよ 泣いてもいいよね
そうか私 ちゃんとこれで もう
あなたの彼女じゃないんだね


 しかし、この歌ではその優しさにすがりたくなる自分に<さようなら>を告げるのです。そして<あなた>には最後の<ありがとう>を。歌の終盤、いよいよラストシーンで<改札を抜けた>とき、もし振り返ったなら、優しい<あなた>が<私>を見送ってくれている姿が目に入ってしまうことでしょう。思わず心が揺らいでしまうかもしれません。
 
 ゆえに<私>は<もう 振り返らない>選択を取りました。同時に<あなた>にも“<そこにはいないで>=もう優しさはいらない”と手を振ります。電車に乗り、窓を滑る青空…。<あなた>のいない日々へ進みながら、やっと<私>は心から<ちゃんとこれで もう あなたの彼女じゃないんだね>と、別れを受け止めることができたのではないでしょうか。

 別れたあとこそ、思い出は愛おしく、優しさにすがりたくなる。好きなままのさようならはツライ。それでも、なんとか今の恋に終わりを告げて、前に進みたいというあなた。是非、その気持ちを重ねながら、上野優華「あなたの彼女じゃないんだね」を聴いてみてください。そしていつかは誰かと、夢見る<未来>を叶えてゆけますように…!

◆紹介曲「あなたの彼女じゃないんだね
作詞:橋口洋平(wacci)
作曲:橋口洋平(wacci)

◆New Mini Album『今夜あたしが泣いても』
2020年3月18日発売
【初回限定盤】KICS-93902 ¥3,200+税
【通常盤】KICS-3902 ¥2,200+税

<収録曲>
1.こっちをむいて
2.迷子
3.あなたの彼女じゃないんだね
4.冬色シルエット
5.メロンパンのうた
6.私の歌
7.おぼろ月の夜に
このトピックをシェアする
  • LINEで送る