カノエラナ

私の中にある1個のキャラクターを色濃く抽出しまくった曲。

 2019年12月4日に“カノエラナ”がニューアルバム『盾と矛』をリリースします。全10曲が収録されている今作。リード曲「嘘とリコーダー」は<先生僕がやりました>と語り調で始まり、ド頭から挑戦的で非道徳的な歌詞が印象的。また、巷で話題の“タピオカ”にスポットをあてたライブ人気曲「タピオカミルクティーのうた」や、カノエの夢の中に出てくるファンタジーな世界観を表現した「jOKER」などバラエティに富んだ内容に。
 
 さて、今日のうたコラムではそんなカノエラナ本人による、スペシャル歌詞エッセイを3週に渡りお届け!今回はその第1弾です。綴っていただいたのは、アルバムの入り口となる1曲目1113344449990にまつわるお話。リリース&歌詞公開に先駆け、是非、エッセイでその世界をじっくりとご堪能あれ…!

~M-1「1113344449990」歌詞エッセイ~

 タイトルの読みは、ワンワンワンスリースリーフォーフォーフォーフォーナインナインナインゼロ。意味は、なんでしょうか?

 自分の携帯が壊れがちなんですよね。今年に入って、フリック入力するとたまにバグってしまう。で、フリック入力をしない時があるんですけど、以前はやっていたのに、今となってはそれが、結構煩わしくなってる自分がいて。その時、その面倒くささみたいなものって「忘れてるよなー、自分」って思って、それを曲にしようかな、って。

フリック入力無しで11133444…、と打つと
「アイシテルワ」になる。

 この曲は音楽のことを歌っていて、それが分かるか分からないかぐらいの距離感で書きたいなー、と。曲の最後の方で“MUSIC”って歌っていて、そこで「これ音楽に関して歌ってたんかいー」って。ラストまでは分からない。音楽に対して直接的にこうなりたいみたいな、「おまえがいい」「おまえしかいない」みたいな、そういうニュアンスはこれまであまり歌ってこなかったから、ちょっと今までと違う感じ。なかなか振り向いてくれないけど、「自分は気にしてないからどうしようも出来ないよー」みたいな。

 最近、ツイキャスとかで「カノエママ」って設定でお姉さん的に妖艶な声で「また来たの?」みたいに話しかけるって遊びをやっていて、そのカノエママの主題歌風になっています。「カノエラナです。」って自己紹介ソングがあるんですけど、以前ライブの頭でやってたのを、最近はやらなくなったのでそれに代わる曲、ど頭でギターを聞かせられて、インパクトのある曲になれば良いかなと。私の中にある1個のキャラクターを色濃く抽出しまくった曲になりました。ナイスバディーなカノエママが艶っぽく歌ってるのを想像して聴いてみてください(笑)。

“比べたがりの世間様は 右倣え右がお上手ね”

 と、ちょっと皮肉った表現もしていますが、曲を作り出した頃は、そういうことばっかり詞に入れて書いていました、まだ厨二を凄く引きずってた頃(笑)。大人が嫌いー、とか、人がいやー、とか、とにかく自分の周りは敵ばっかりだー、みたいな事しか考えてなかった。

 今、そんな頃の歌詞ノートを見ると、「あーこんなことを考えていたんだ」「もう全然、どうでも良くなってる」って、興味が無くなっているんだなーって思って。で、音楽のことを書くなら、原点回帰として、そういう昔書いていた事もちゃんと入れてあげた方がいいのかなって、昔のノートからそのまんま言葉を拾って来ました。今こそ1周回って歌えるのかな、って感じです。

 1曲目に持って来たかったんで、サウンド的には派手に、タイピングのカチャカチャカチャとした感じを意識して、リズムが縦に刻まれるように作りました。歌もリズムに乗せるのが難しかったです。大事に大事に作ったのでこのアルバムの1曲目を飾るのに相応しい曲になったんじゃ無いでしょうか。

<カノエラナ>

【第2弾へ続く!】

◆紹介曲「1113344449990
作詞:カノエラナ
作曲:カノエラナ

◆ニューアルバム『盾と矛』
2019年12月4日発売
通常盤 KRKB-1004 ¥2,500+税
初回限定盤 KRKB-1003 ¥3,500+税

<収録曲>
01.1113344449990
02.嘘とリコーダー
03.ダンストゥダンス
04.猫の逆襲
05.タピオカミルクティーのうた
06.jOKER
07.(タイムカプセル)
08.セミ
09.花束の幸福論
10.最後の晩餐

このトピックをシェアする
  • LINEで送る