掌中の鳥

この曲の表示回数 12,488

紛れ込んだ時空よ この地 冥暗(めいあん)なのか
心乱れ攫(さら)われ
今 わたしは何処に

水際の鳥達 偲(しの)び 慕(した)わしい
想いは置きさって
さあ わたしの元へ

朝霧(あさぎり)夜明け前 光はそこに
やがて羽(はね)広げて 何処へ行くのだろう
朝が近い闇は 目を瞑(つむ)っても
かすかに穏やかな 光が見える

擾乱(じょうらん)の哀しさよ この地 光明(こうみょう)求め
風は何処へと吹くの
今 わたしをいざなう

平安 念(ねが)いながら 空を舞うのか
わたしの事 気がついて
もう泣かないから

朝霧夜明け前 光はそこに
やがて羽広げて 何処へ行くのだろう
朝が近い闇は 目を瞑っても
かすかに穏やかな 光が見える

今まだ夢境界(ゆめきょうかい) 闇深くても
いまこそ羽広げ 飛び立ちましょう

朝霧夜明け前 光はそこに
やがて羽広げて 何処へ行くのだろう
朝が近い闇は 目を瞑っても
かすかに穏やかな 光が見える
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:掌中の鳥 歌手:吉岡亜衣加

吉岡亜衣加の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-08-04
商品番号:KDSD-383
SMD

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP