掌中の鳥

紛れ込んだ時空よ この地 冥暗(めいあん)なのか
心乱れ攫(さら)われ
今 わたしは何処に

水際の鳥達 偲(しの)び 慕(した)わしい
想いは置きさって
さあ わたしの元へ

朝霧(あさぎり)夜明け前 光はそこに
やがて羽(はね)広げて 何処へ行くのだろう
朝が近い闇は 目を瞑(つむ)っても
かすかに穏やかな 光が見える

擾乱(じょうらん)の哀しさよ この地 光明(こうみょう)求め
風は何処へと吹くの
今 わたしをいざなう

平安 念(ねが)いながら 空を舞うのか
わたしの事 気がついて
もう泣かないから

朝霧夜明け前 光はそこに
やがて羽広げて 何処へ行くのだろう
朝が近い闇は 目を瞑っても
かすかに穏やかな 光が見える

今まだ夢境界(ゆめきょうかい) 闇深くても
いまこそ羽広げ 飛び立ちましょう

朝霧夜明け前 光はそこに
やがて羽広げて 何処へ行くのだろう
朝が近い闇は 目を瞑っても
かすかに穏やかな 光が見える