試聴する

夢情の宿

この曲の表示回数 5,610
歌手:

北条美樹


作詞:

北条美樹


作曲:

北条美樹


好きで添えないこの世の恋の
運命の辛さに貴方を責める
嘘で書いた宿帳の
妻と言う字のその上に
落ちる涙が 止まらない
ふたりぼっちの夢情の宿よ

ゆかたを羽織る貴方の背中
切ない思いのやり場のなさに
少しやつれて目に映る
思い過ごしか気のせいか
足手まといになるのなら
これが最後の夢情の宿よ

季節はずれの吹雪の音が
すすり泣くよに心にからむ
お酒の力で切り出した
別れ話を聞き流し
何も言うなと抱き寄せる
恋の止まり木夢情の宿よ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夢情の宿 歌手:北条美樹

北条美樹の新着情報

  • 戻り橋 独り唄 / ♪戻りを待って三十路を越えた
  • 九官鳥 / ♪あなたの愛から旅発つ午後は
  • 化粧 / ♪女が口紅ひくときは
  • 夢桜 / ♪生きてく勇気がふたりにあれば

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-07-24
商品番号:CRDN-338
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP