試聴する

荒城の月

この曲の表示回数 9,210
歌手:

レインブック


作詞:

土井晩翠


作曲:

瀧廉太郎


春高楼(こうろう)の 花の宴(えん)
巡(めぐ)る盃 かげさして
千代の松が枝(え) わけ出(い)でし
昔の光 いまいずこ

秋陣営の 霜の色
鳴きゆく雁の 数見せて
植(う)る剣(つるぎ)に 照りそいし
昔の光 いまいずこ

いま荒城の 夜半(よわ)の月
替(かわ)らぬ光 誰(だ)がためぞ
垣(かき)に残るは ただ葛(かずら)
松に歌うは ただ嵐

天上(てんじょう)影は 替らねど
栄枯(えいこ)は移る 世の姿
写さんとてか 今もなお
嗚呼(ああ)荒城の 夜半の月
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:荒城の月 歌手:レインブック

レインブックの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-05-26
商品番号:TECG-24035
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP