北の詩人

この曲の表示回数 6,363

あの娘が空へととんだ時、ぼくはとても忙しかったので
電話で話すは、言い訳ばかりで、できれば知らせて
ほしくはなかった

兄貴が海へ沈んだ時、となりの夫婦はいつものケンカで
テレビの前では子供が踊り、オヤジは今日も野球を
見れない

ユメを見てるのは俺だけじゃないはず、息切れする
ころに知らせてきて
ユメをこわすはありがたき家族、もっと遠くへ、
もっと遠くへ届かない所へ

妹が夜を好きになった時、組合ストは中止になり
彼らはシワよせ、わめきちらし、八つ当りは又、
もろに受けて
おいらがパレードに出なくなった時、彼らは白い目を
むきだして
当たりはずれは、もう、慣れっこさ、遅かれ早かれ長居は無用

ユメを見てるのは俺だけじゃないはず、息切れする
ころに知らせてきて
ユメをこわすはありがたき家族、もっと遠くへ、
もっと遠くへ届かない所へ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北の詩人 歌手:泉谷しげる

泉谷しげるの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-01-23
商品番号:GNCL-1280
GENEON ENTERTAINMENT,INC(PLC)(M)

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP