試聴する

calls from the public

この曲の表示回数 15,068
歌手:

globe


作詞:

MARK


作曲:

Tetsuya Komuro


losing my self
いつも孤独で
何も見えないって
君は言ってた
こんな広い世界で
抱き合っていても
ただちっぽけな
固まりに過ぎない

たとえば離れて
どんなに遠くても
必ず君を
見つけ出した

君は何処から来たのか
なぜ 目が合ってしまったのか
なぜ 出会ってしまったのか
今更 聞くつもりもないよ

そんな事は関係ないよ
愛しただけで十分だよ
逢える日を祈りながら
がんばってきたんだよ

どんなに辛くてもね
横顔を思い出しながら
カレンダーに印つけるの
そしてまた夢を見る

急に一人に
させるなんて
さっきまで隣に
いたのにね...

唇の感触も
汗のにおいも
かすかに残っている
一人待っている

うしろ姿 見送りながら
また一つ大きなため息
風で扉が閉まる音
そのたび体が応えてる

外の風が
いつもより冷たい
隣りに誰かが
それだけで

外の風が
いつもより冷たい
隣りに誰かが
いるだけで...

君は何処から来たのか
なぜ 目が合ってしまったの?
なぜ 出会ってしまったのか
今更聞くつもりもないよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:calls from the public 歌手:globe

globeの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-12-09
商品番号:AVCG-70004
エイベックス・トラックス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP