粋な男

この曲の表示回数 10,009
歌手:

五木ひろし


作詞:

もず唱平


作曲:

五木ひろし


友とは幼ごころで酒を飲む
女に出逢たら えゝ夢見んとあかん
人生は芝居 面白ろせんと
生きる値打ちも 意味もない
そつのない道 外したい
そんなこという人に惚れたんや
何度もこれでお仕舞いにしようと
荷物纏めたことがあった
あんたは童話 うちの童話
忘れられへん 粋な男(ひと)

いつでも二ッ返事で「まかしとき」
頼りにされたら あと先考えへん
外面がようて その分持てて
こんな男の 嫁はんは
可愛そうです 災難や
それやのに阿呆やねん惚れたんや
まだ醒めやらぬ星たちを尻目に
宵の口からひとつ光る
あの一番星 あれがあんたや
忘れられへん 粋な男(ひと)

あんたは童話 うちの童話
忘れられへん 粋な男(ひと)
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:粋な男 歌手:五木ひろし

五木ひろしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-12-10
商品番号:TKCI-71525
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP