悲しみにさようなら

MAMALAID RAG

悲しみにさようなら

作詞:田中拡邦
作曲:田中拡邦
発売日:2002/09/26
この曲の表示回数:9,605回

悲しみにさようなら
上品な柄のマフラーを巻きつけると
陽が射す部屋に突然広がる 12月の匂い

吸い込んだ空気の厳しい冷たさが
コートごしに胸をきつくしめつける
12月の空は 意外なほど青い

ひとりで生きてゆくことに
慣れたら忘れられるはず

冬枯れの街角でふと 想い出たちが通りを横切っていく
舗道の落ち葉ざわめきを ききながら手を 手をふった

温かいモカを優しい言葉たちが
カフェーの窓を白く曇らせる
12月の午後は いつもどおりの風景

泣いてるこころを隠して
笑えたら忘れられるはず

ガラスごしの街は冬色 想い出たちが肩をそっとたたく
頬杖ついたまま知らん顔 気づかないふり ふりをした

悲しみにさようなら いつか 新しい場所をきっとみつける

冬枯れの街角でふと 想い出たちが通りを横切っていく
舗道の落ち葉ざわめきを ききながら手を 手をふった

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

この曲のフレーズを投稿する

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません