試聴する

殉愛

この曲の表示回数 11,249
歌手:

THE ALFEE


作詞:

高見沢俊彦


作曲:

高見沢俊彦


こぼれ落ちない砂時計のよう
くちびる噛んで涙を止めた

別れの電話に戸惑いながら
そっとひとりで部屋を出てきた

あの日あなたに誓った指輪
真冬の海に投げ捨てる
仮面を脱いだ通り魔のよう
突然哀しみ襲いかかる

禁断の愛が憎しみに変わるとき
ひとおもいに消したくなるわ
後悔という刃を この胸に深く突き刺して

切ないくらい 哀しい恋心
小さな嘘にも気づかぬように

でも逢うたびに 夢は醒めてゆく
許されぬ愛に あなたは背を向けた

あの日あなたに抱かれた夜が
くやしいけれど愛しい
だけど未来をためらう瞳
いつも心に楔を打つ

禁断の愛が憎しみに変わるとき
限りなく想い出が苦しい
欲望という炎を あなたの胸にたぎらせて

禁断の愛が憎しみに変わるとき
ひとおもいに消したくなるわ
後悔という刃を この胸に深く突き刺して
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:殉愛 歌手:THE ALFEE

THE ALFEEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-07-21
商品番号:PCCA-00788
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP