キミのいないセカイ

この曲の表示回数 11,467

「ねぇ、なんで」 問い掛けに、いつもなら答えが多いだけに
無い返答に不安 その減らない意地悪を僕だけに
星の下歩いてく君の後姿を追いかけられない
訳も分からず だけど半ば 舌を打つ僕が情けなくて

白いため息 あと何日過ぎれば一人が平気になる
ベッドの上 天井で気付いた“昨日見た景色”
「お互いが 縮まらない 星ならば よかったかな」
応えるまでもない“当たり前”に見切りをつけて僕は飛び出した

手を伸ばせど、冷めた空気
出会う前を思い出すよ
もう夜空への願いでさえ
淡く消えていきそうで

離せないとかそういうわけじゃなく
君のいない世界って寂しいだけ
暖かいと感じた幸せを、二人永遠に触れていたいのさ
傍に居ても心の内側が揺れる
だから、もう少しだけこのままで

口ずさんでいる君の好きな曲 なぞる様に唄う
過ぎ去ってメロディが涙を運んでくれる
多分きっと 強がってトゲばら撒く、嘘だらけ
そんな僕に少し似てる君へ よく聞いていて

もうこの手離したりしない 楽しい一生涯は短い
話さなくても暖かい手をつなぐだけなのになんか幸せ
約束を出されたって君の為だとしたら意思合わせる
それは自然と僕らのはじまりへ

今日の夜空は晴れるらしい
急いで行こう目が慣れる前に
輝きの中走る流れ星
手を繋いで眺めていた

君じゃないなら僕は手を離す
すべてを失っていく気がして
星が降る夜を越えた話を、二人一緒に眺めていたいのさ
傍に居たい、1秒の隙間さえ埋める
だから、もう少しだけこのままで

どんな顔で笑ったり泣いたりしてるかが分からない
それじゃあ傍に居て、もっと近くで、
声に出して、教えるからいいでしょ?
君が笑うまで

君じゃないなら僕は手を離す
すべてを失っていく気がして
星が降る夜を越えた話を、二人一緒に眺めていた

離せないとかそういうわけじゃなく
君のいない世界って寂しいだけ
星が降る夜を越えた話を、二人一緒に眺めていたいのさ
傍に居たい、1秒の隙間さえ埋める
だから、もう少しだけこのままで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:キミのいないセカイ 歌手:らっぷびと

らっぷびとの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-03-17
商品番号:TOCT-26946
EMIミュージックジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP