米山の女

この曲の表示回数 16,013
歌手:

神戸一郎


作詞:

木村紫朗・南葉二


作曲:

早川耕八・市川昭介


泣いて別れた 桜岡(さくらおか)に
花は今年も 咲いたのに
春に背いて 中津山(なかつやま)
ひとりさまよう この道に
あゝ 恋しい女よ 恋しい女よ
米山の女

濡れた黒髪 いやだと泣いた
雨にかすんだ 善王寺(ぜんのうじ)
甘く匂った 移り香を
想い出しては 呼んでみる
あゝ 恋しい女よ 恋しい女よ
米山の女

青い雨降る 平筒沼(びょうどうぬま)に
浮ぶ 恋しい 面影よ
あの日二人で さしていた
傘も一人で 濡れている
あゝ 恋しい女よ 恋しい女よ
米山の女
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:米山の女 歌手:神戸一郎

神戸一郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-01-21
商品番号:CRDN-5075
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP