試聴する

まで。

この曲の表示回数 8,005

あの日のようだった
彼は首かしげて
わたしの涙を飲み干していった

擦り減らしては、埋める作業だな

これをあなたは何と呼ぶ?

言い掛けの「さようなら」
どうしても、言えなくて

託つけて
腰を振る作業

繋いでおいた
あまい思い出さえ
両手いっぱいで もう持てない

誰かのせいにして
ここから逃げたいよ

嘘をついて
鍵をなくす真似

見抜いて欲しいの
叱って欲しいの

ただ、今日が今日であって欲しいの

明日がくるまで 昨日が去るまで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:まで。 歌手:MASS OF THE FERMENTING DREGS

MASS OF THE FERMENTING DREGSの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010/02/10
商品番号:TOCT-40285
EMIミュージックジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP