Midnight Scarecrow

この曲の表示回数 19,497

今 孤独の中の君へ 失くしたくない君へ
用もなく 電話かけよう
もし うるさかったら言って 明日にしてと切って
でもね 気にしないから

夜の硝子にもたれて 光るデジタル表示が
減ってゆくの見ている ゼロになるまで
君の知らない駅から 君の住む街を通る
バスが出るよ 最後の 言えない想いを乗せるように

今 自分を探す君を 愛しはじめたことを
なぜか ふと感じてた 強く強く君を強く

踊る案山子(かかし)みたいな 影とたわむれる
見慣れた帰り道 wow wow ひとりぼっち

人は何も持たずに生まれ 何も持たずに
去ってゆくの それでも愛と出会うの
君の荒野を渡って 冬の雲を吹き流す
風になるよ しばらく 受話器をそのままあてていて

今 孤独の中の君が 失くしたくない君が
僕の瞼の裏にいるよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Midnight Scarecrow 歌手:松任谷由実

松任谷由実の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-12-01
商品番号:TOCT-9300
EMI Records Japan

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP