試聴する

孤城の月

この曲の表示回数 6,379
歌手:

樹海


作詞:

Manami


作曲:

Yoshiaki Dewa


爪の先まで着飾ったレイデー
酸いも甘いも 知ったような目で

薔薇の鎖で心つなげど
今宵夜空の月見上げれば

飼い慣らしたはずの孤独が暴れる
煩悩? I don't know. 感じるままに

綺麗に咲きゆく花は 土に抱かれ眠る
静かに揺れてる森は 深く呼吸を返す
優しく流れる水は 生命を潤して
涙に溢れるあたしは 何処へ行けばいいの
嗚呼、今日も貴方は不在。

赤く満ちた金魚のようなレイデー
狭い世界を彷徨う尾びれ

夢の入り口で今宵も待ちぼうけ
ココロは Tell me why? 渇いてゆく

天を仰ぎゆく小鳥は 美し声で歌い
緑を揺らした風は 人の心洗う
無限に輝く星は 優しい夢へ誘い
たたずむだけのあたしは 何処へ辿り着くの
嗚呼、今日も 胸の下まで 伸ばした髪を
撫でてくれる貴方は不在。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:孤城の月 歌手:樹海

樹海の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010/01/20
商品番号:GNCX-1009
ジェネオン・ユニバーサル

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP