由良川慕情

この曲の表示回数 23,608

雪の日に 紙漉く女の
背中で泣く 児の重さ
こんな好い児を 忘れたお方
夜道に迷って いるのでしょうか
由良川の 水がゆるんで
どかっと春が 来る前に
坊やの父御 戻りゃんせ
どこの誰やら 戻りゃんせ

里山の茶畑掠め
渡る風 飛ぶつばめ
丹波綾部の 山坂越えて
どこまで旅する 倖せ求め
由良川に 願い托して
笹舟浮かべ 祈るひと
泣くんじゃないよ 我慢しな
どこの誰やら 我慢しな

由良川で 共に遊んだ
乙女の想い 汲みもせず
ふるさと捨てた ばちあたり
どこの誰やら ばちあたり
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:由良川慕情 歌手:五木ひろし

五木ひろしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-06-25
商品番号:TKCI-70392
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP