夜明け

この曲の表示回数 5,694
歌手:

山口貴光


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

森進一


あなたがこの世から 何処かへ消えたなら
生きてくことなんて ひとりでは出来ない
最後の人だから 最後の恋だから
生命をこの愛と 取り換えてもいいの
涙が出るくらい 愛されているのに

あなたに抱かれても 時間は止まらない
心のすき間から 夜明けが忍び込む
悲しい人だから 悲しい夢だから
身体を寄せ合って 眠り続けたいの
あしたを捨てるほど 愛されているのに

あなたの人生の 隣にいるだけで
小さなこの窓に 青空の匂いが
希望の人だから 希望の愛だから
生まれ変わるよりも ふたりで生きたいの
幸福すぎるほど 愛されているのに
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜明け 歌手:山口貴光

山口貴光の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP