試聴する

MISTY RAINY DAY

この曲の表示回数 7,725
歌手:

障子久美


作詞:

障子久美


作曲:

障子久美


雨を逃げるように 走る人の波は
私の心せかしながら 追い越してゆくばかり
扉を開けながら しずくをはらったら
ぼんやり外を眺めていた その背中が振り返る

今 貴方から 最後の言葉を
静かに心で 受け止めたら
誰よりも貴方を 愛した気持ち
この雨に 流せるかしら

一人で生きること 心で理解っても
明日を歩くための靴が どうしても見つからない

きっと雨音は 思い出を連れて
いつまでもせつなく響くのね
私は 貴方の心の隅で
降りしきる雨に 変わるの

こんな日はいつも 優しくコートかけてくれた
貴方のその腕の中で 永遠を信じていた

時々はつまづく私を
少しでいい どうか思い出して
誰よりも貴方を 愛した気持ち
いつの日か 乾くときまで

きっと雨音は 思い出を連れて
いつまでもせつなく響くのね
私は 貴方の心の隅で
降りしきる雨に 変わるの

やがては貴方を 見失ってゆく
人混みにゆがんだ RAINY DAY
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:MISTY RAINY DAY 歌手:障子久美

障子久美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-09-16
商品番号:VICL-63466
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP