あてのない世界

この曲の表示回数 7,393
歌手:

BLANKEY JET CITY


作詞:

KENICHI ASAI


作曲:

KENICHI ASAI


レンガで出来た 5階建てのビルの屋上で
ダンスをしてる
まだ少し寒い 冬の終わりの青空の下で
リズムにあわせて
僕は頭の中に ずっと鳴り続けてる
クラクションを 思い浮かべながら

もしも 背中から 白くて やわらかな
翼が生えてきたら
ここから飛び降りたって
死んだりは しないのに…

そして君は 鉄の扉を開けて
非常階段を降りて行く
流れているのは子供の時によく聞かされた
FIVE YEARSで
見つからないのが このダンスが終った
後の行き先

知らず 知らずのうちに
このあてのない世界に
誰も彼もが のみ込まれて
行くのか……

もしも 背中から 白くて やわらかな
翼が生えてきたら
ここから飛び降りたって
死んだりはしないのに……。

知らず 知らずのうちに
このあてのない世界に
誰も彼もが のみ込まれて
見えない……
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:あてのない世界 歌手:BLANKEY JET CITY

BLANKEY JET CITYの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-12-17
商品番号:TOCT-95011
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP