試聴する

空から降ってきた卵色のバカンス

この曲の表示回数 3,641
歌手:

原田知世


作詞:

鈴木慶一


作曲:

鈴木慶一


こんな街 ひとおもいに吹き飛んでしまえば
いいと思ったことない?
届いた荷物 窓からポンと投げ捨て
知らんぷりの気持ち

鏡に映る顔に
熱いシャワーかけて
目 覚ましてもらいたい
しゃんとして欲しい自分に

床の上に倒れては 心ゆくまで
死んだふりしたいことない?
あくる朝になっても何も変わらないで
目を閉じてたい気持ち

一度でいい 明日に
白い穴をあけて
空白の告白を
話してみたい 自分に

青い空からバカンスが来て
白い雲の上で眠りたい

青い空からバカンスが来て
白い雲の上で眠りたい

青い海を紙に描いて
白い卵を投げつけてたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:空から降ってきた卵色のバカンス 歌手:原田知世

原田知世の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-01-20
商品番号:FLCF-3530
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP