試聴する

海の家

この曲の表示回数 20,098
歌手:

遊助


作詞:

遊助


作曲:

遊助


いつもの浜辺 季節かまわず俺ビーサン置いて
ポツンとある海の家 わらぶき屋根海風に優しく笑う
ぶら下がるハンモック 両足交差してゆりかごのように
ゆっくり流れるミュージック リズムに心地よくあくび

おいで おいで いつでもここにいるから
嫌な事忘れて 泣いてないで
言葉なんて いらね
何もかも忘れて 一緒に眠ろうぜ

革靴 ハイヒール 運動靴脱ぎな ここはだしさ
まず砂の温度感じな 気持ち良いなら ほら空見な
素敵な声で鳴けるカナリヤ

やんなきゃいけねー時もある  考えたくねー事もある
波のように大小強弱まちまち ちょうどいいなんてその時々
日々風とともに変わるそれ 自分のちょうどいいを求めて靴はいて
ここから歩いてくんだ だから今日くらい ゆっくりしてきな

あの子が帰った後 今度はスーツ着て疲れたおっちゃんが
「本当もうやんなっちゃうよ」って 俺の店来ていきなりため息
その上にあるハンモックで 口笛吹いてる俺を見てさ
「お前はのん気でいい」ってさ まあいいさ とりあえずネクタイ外しな

おいで おいで いつでもここにいるから
強がらないで 下向いてないで
弱さを知るから強くなり方知るんだぜ 楽だぜ

スーツ Yシャツ くつ下ぬぎな 誰もいないさ
まずはこの風感じな 気持ち良いなら ほら空見な
素敵な声で鳴けるカナリヤ

やんなきゃいけねー時もある  考えたくねー事もある
波のように大小強弱まちまち ちょうどいいなんてその時々
日々風とともに変わるそれ 自分のちょうどいいを求めて靴はいて
ここから歩いてくんだ だから今日くらい ゆっくりしてきな

なんとかなる なんとかする なんとかしてきたから今がある

やんなきゃいけねー時もある  考えたくねー事もある
波のように大小強弱まちまち ちょうどいいなんてその時々
日々風とともに変わるそれ 自分のちょうどいいを求めて靴はいて
ここから歩いてくんだ だから今日くらい ゆっくりしてきな

悩んでるならもうやめな そんなの続くよ Forever
だからこんなんでいいならこの俺が いつでもさするよその背中
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:海の家 歌手:遊助

遊助の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-11-04
商品番号:SRCL-7168
SMR

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP