試聴する

博多ブルース

この曲の表示回数 13,462
歌手:

西田佐知子


作詞:

水木かおる


作曲:

藤原秀行


泣いてた泪のかれた 私にも
流す泪が 残っていたのか
酒場の隅で 東京の
言葉を聞けば 死ぬほど逢いたい
ああ 博多の夜も 泣いている

こんな日陰に暮らす 女にも
咲いた一つの 綺麗な想い出
愛することの 苦しさを
噛みしめながら ふるえる唇
ああ 博多の夜も 泣いている

つらい悲しい嘘を ついたのも
恋にすがって 生きたいばかりに
酒場の窓に 咽び泣く
東京行きの 夜汽車のあの汽笛
ああ 博多の夜も 泣いている
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:博多ブルース 歌手:西田佐知子

西田佐知子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-09-01
商品番号:POCH-1842
ポリドール

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP