愛のぬけがら(花に別れを)

この曲の表示回数 5,683
歌手:

錦野旦


作詞:

藤公之助


作曲:

増田豊


愛せない あれから抜けがら
何もかも 風のようなむなしさ
君の命 消えた日から
ぼくは 愛を埋めた
強い酒 あびるほど飲んでは
胸の痛み 忘れようとつとめた
ぼくにできる ことは ひとつ
じっと 耐えることさ
君が死んだ朝 植えた種が今
白い花を咲かせたのに
ぼくの心には 木枯しが吹いて
愛のかけらひとつひとつ 散らす

ひざがしら こぶしで叩いて
泣けるだけ 泣いたあの日は遠い
今のぼくには 泣くことさえ
できず 部屋にひとり
逃げ出そう 夜明けにこの町
忘れよう 君と暮らした日々を
ふたりだけで 育て合った
愛を 埋めたままで
君が死んだ朝 植えた種が今
白い花を咲かせたのに
ぼくの心には 思い出ばかりが
ツタをからみつかせているだけさ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:愛のぬけがら(花に別れを) 歌手:錦野旦

錦野旦の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/09/30
商品番号:MHCL-1614
ソニー・ミュージックダイレクト

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP