荒涼

作詞:荒井由実
作曲:荒井由実
発売日:2002/06/19
この曲の表示回数:14,983回

荒涼
鉄道沿いの 海岸線に
よせくる流氷 光のいかだ
風が泣いてる 入れておくれと
古びた列車の 窓の隙間で

いくどこの景色に
会いに来たでしょうか
何も思わず
たたずんでみたくて

春の便りは その名ばかりで
薄ずみ色した さい果ての海
私の捨てた 哀しい恋よ
遠くへ遠くへ 流れていって

遙かなロシアのしんきろうへと

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

リアルタイムランキング更新:AM 5:45

  1. 北島三郎

  2. おふくろ

    東八郎

  3. 人生はいいものさ

    森繁久彌

  4. ひまわり

    岩崎宏美

  5. ほほえみ

    THE BOOM

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成