この曲の表示回数 5,327
歌手:

あべ静江


作詞:

さいとう大三


作曲:

馬飼野康二


野の花摘んで
窓辺に飾り 私待っている
午後のバスで やがて帰る
やさしさに 充ちたあの人を

一年も離れてた あの人に言う言葉を
私はいっぱい 用意しているけど......

だけども私 おそらくだめね
きっと泣きだして しまうでしょう

一番先に
私はなんて 言えばいいのでしょう
窓の中に やがて見える
ほほえみを 抱いたあの人に

限りない幸せに つつまれてしまったなら
私はやっぱり 涙しかないから......

私はだいぶ 変わったつもり
だけど泣き虫は なおらない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:窓 歌手:あべ静江

あべ静江の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-07-15
商品番号:PCCS-73
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP