二つの旅路

この曲の表示回数 11,660
歌手:

SUPER BEAVER


作詞:

柳沢亮太


作曲:

柳沢亮太


相反する心で 毎日を追いかける
疑問符をつけた今日に 浮かぶあの日の僕ら
窓に映る月の夜も 望んだ少年時代
今の僕は太陽も 掴めてないね

何かを捨てたって 手にすると決めていたのに
ほら 僕の手はさ 抱えたままで離さなくて

たった二つの旅路の果て
差し伸べられた手の向こうに見える それはきっと
僕らだけの その日を 照らしだす地図
少年と大人の狭間で 刻まれた幾つもの約束が ほら
いつの間にか 時を越えて 始まりになってたりするんだ
今 隣り合わせの 足跡二つで
一つの願い 探し続ける

近すぎてぼやけた 心に合わすピント
僕の中に最大の 扉が隠れてる

声を押し殺した 僕らに何か伝えるように
見上げればさ あの日と同じ月があるよ

そうだ 今は旅の途中で
例えば地図の端だとしても ほら
僕にだって 君にだって 辿り着くべき場所がある
さよならを繰り返しながら 強さを増す絆に気付いた時に
その事実が 意味を持って 大切な一歩を生みだすんだ
今 隣り合わせの 足跡二つで
一つの記憶 作りあげてる

隠した「本当」と 忘れることが出来ないこと
それぞれに挟まれて ときには地図さえ 見失いもして

あの日の少年は それでも笑いかけるよ
手が塞がってるなら 抱えたままで 歩いていこうか

どんな明日を望んでたって
眠りにつけば 朝が来るなんてこと
信じきった時にきっと 心は バランスをなくす
少年と大人の狭間で 偽ることなど出来なかったものが
僕にとって 君にとって 軌跡の証になって

たった二つの旅路の果て
誰が描くでもない イメージ それはまぎれもなく
僕らだけの その日を 照らし出す地図
遥か彼方の「イマ」に立って 途切れた時は描き足していこう
いつの日にか 時を越えて この日が始まりとなるように
今 隣り合わせの 足跡二つで
一つの願い 探し続ける
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:二つの旅路 歌手:SUPER BEAVER

SUPER BEAVERの新着情報

  • 予感 / ♪どうあったって自分は自分で
  • まごころ / ♪唯一の正しさなど
  • ふがいない夜こそ / ♪不甲斐ない夜こそ本当は出口だ
  •  / ♪七色の中でどれが好き
  • 閃光 / ♪あっという間に終わってしまう

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-08-26
商品番号:ESCL-3266
ERJ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP