あくびがしたい

この曲の表示回数 7,668
歌手:

平松愛理


作詞:

平松愛理


作曲:

平松愛理


ジャングルジムのてっぺんから得意そうに
手を振ってくる笑顔
もう私達そんな年でもないでしょう
あきれる無邪気を一生 抱きしめたい
夕陽に灼けつく鉄棒で10年経っても変わらずに
一緒にさかあがりできる人
けど星の降りる頃 ベンチであなたと
あくびがしたい ねぇ 一緒に暮らそう

競うブランコ高くなった瞬間だけ
モザイクの街広がる
今度同時にあの銀色のビルディング
見えたら風をジャンプして手をつなごう
空を飛べる事さえきっとあきらめてたすべてを
きっと 明日叶えてくれそうな人
けど最終の電車のシートもたれる
あなたの肩で ねぇ 夢が見たいの

あなたの恋の歴史を生きる
全部の女性をおだやかに想う私 はじめて

大人になるといつの間にかあせていく過ぎた
夢の色 いつもあふれてる瞳の人
もう 星の降りる頃毎日あなたと
あくびがしたい ねぇ 未来を分けて

夕陽に灼けつく鉄棒で10年経っても変らずに
一緒にさかあがりできる人
けど星の降りる頃 ベンチであなたと
あくびがしたい ねぇ 一緒に暮らそう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:あくびがしたい 歌手:平松愛理

平松愛理の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992-09-18
商品番号:PCCA-00392
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP