試聴する

海と宝石

この曲の表示回数 24,610

臆病な女を 抱きしめて
蒼ざめたうなじを あたためて
かもめたち ぽつりと 振り返る
宝石に映った 朝陽を見る
だから 愛してくれますか
私の頬が 染まるまで
だから 愛してくれますか
季節を染める風よりも 甘やかに
でも もしもあなたが困るなら
海にでも 聴かせる話だけど

冷たそうな女が 身について
傷つけることだけ 得意です
臆病な小石の泣きごとを
まだ雛のかもめが 咥えてゆく
だから 愛してくれますか
私の頬が 染まるまで
だから 愛してくれますか
季節を染める風よりも 甘やかに

だから 愛してくれますか
私の頬が 染まるまで
だから 愛してくれますか
季節を染める風よりも 甘やかに
でも もしもあなたが困るなら
海にでも 聴かせる話だけど
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:海と宝石 歌手:中島みゆき

中島みゆきの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001/04/18
商品番号:YCCW-15
ヤマハミュージックコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP