試聴する

夏のジュエリー

この曲の表示回数 11,619
歌手:

松田聖子


作詞:

吉田美奈子


作曲:

大村雅朗


ああ また七つの海を渡って来る
女神達の声
ねえ ほら 風に合わせてハーモニー 今
訪れたばかりの夏 たたえて歌いだす

小径 駆けて行く少年の手には
まだ萌えて間もない葉をつけた
枝が握られている
麗しい薫り 夢を運ぶその青さ

(恋なら始まり) ときめかせて
(陽光は女神の) 金のベール
たたずむ私の指先にゆるく
たわむれる光 夏のジュエリー

ああ 空廻る翼があったら夢
連れてすぐにでも
愛する人のもとへ翔けて行きたい
そんな 気持ちがするのは女神のせいかな

(時をとびこえて) 愛のために
(生まれてくるのは) アフロディーテ
夏へのドアを開けて走り抜けた
少年の様な髪で
たたずむ私の指先にゆるく
たわむれる光 夏のジュエリー

ああ また七つの海を渡って来る
女神達のくれた夏 たたえて歌いだす
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏のジュエリー 歌手:松田聖子

松田聖子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1990-10-15
商品番号:CSCL-1275
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP