エンドレス・サマー

この曲の表示回数 9,875
歌手:

HOUND DOG


作詞:

松尾由紀夫


作曲:

八島順一


白い波の光に似て
おまえの瞳ゆれてにじむ
水平線 遠く指さし
見つめたまま 別れ言葉 (passing…)

かけがえない思いさえも
こんなふうに終るものさ
サングラスはずし見上げた空は
深く青く まぶしすぎて Close Your Eyes

過ぎた時を 胸にきざむだけ
悲しみを つぐなえずに
きれいなままに 逝く夏さえ
傷つけずには いられないのさ

辛い思いばかりさせた
無理に微笑むことはないさ
置き去りにされた猫のように
やさしい嘘 信じていた 背中
違う夢を いつも見ていたね
抱きしめて それでもなお

頬を打てよ そして Forever And Ever
さよならと くちづけても
冷たい風に逝く 夏さえ
痛みなしには 終らないのさ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:エンドレス・サマー 歌手:HOUND DOG

HOUND DOGの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-10-01
商品番号:SRCL-2721
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP