指輪

この曲の表示回数 13,189
歌手:

KAN


作詞:

KAN


作曲:

KAN


山積みの現実に 毎日追われてるふりで
思い出は遠い日と うまく紛らわしてるつもりでいても
結局は 君に戻ってしまうよ
もう一度 君と話せたなら かざりをつけず
もう一度 君にあえたなら うまく言えるさ
声を枯らして愛のうたも 君のためにうたってたのに

ダンボールに引っ越しの 荷物を詰め分けるように
いるものと捨てるもの ちゃんと区別してるつもりでいても
また今日も 君に戻ってしまうよ
もう一度 君と話せたなら かざりをつけず
もう一度 君にあえたなら うまく言えるさ
サイズもきかずに買った指輪も 君のために用意していたのに
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:指輪 歌手:KAN

KANの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-05-27
商品番号:PHCL-5035

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP