時の砂

この曲の表示回数 4,057
歌手:

Bahashishi


作詞:

ユラリ


作曲:

浩一


怖いものなんて なにもないよなんて
笑って 二人で 歩いてた小道
キレイで まぶしくて 瞳閉じても
どこまでも君の姿

はしゃいでた小道の砂が
風にゆれて消えるのをみた

「ここへおいでよ」 優しくなでる声が
ぼくの耳をはなそうとしないよ
前見るコトに臆病 になったから
時の砂に思いのせた
いつかあの小道であえるまで

愛するココロはどんなカタチでした?
どうやら忘れてしまったのですか?
変わらないはずの ぼくらと一緒に
記憶も 流れて 流れて

二人して口ずさんでた
あの歌がもうきこえないよ

「ここへおいでよ」 優しく映る顔が
ぼくの瞳からはなれそうもないよ
夢みる事に臆病になったから
青空がいつまでも似合う
いつかまた君にあえるまで

「ここへおいでよ」 優しくなでる声が
ぼくの耳をはなそうとしないよ
前見るコトに臆病になったから
時の砂に思いのせた
いつかあの小道であえるまで

怖いものなんてなにもないよ
なんてまた二人で笑えるまで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:時の砂 歌手:Bahashishi

Bahashishiの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP